2017 . 04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 06
ようこそ! 「K Trois Amour Cane」へ 
始めまして、私は、ラブ好き人間です。


思い起こせば、私とラブラドール レトリバーとの出会いは、
14年前次女が中学1年生の時、
いじめを受け、
1年もの間、夜中何度も無言電話、
家の壁には墨を投げかけられ、
車も真っ黒、
会社のウィンドーも黒々、
車庫の娘の自転車を盗まれ......
近くの派出所に行き話すと、
「それは、子供さんがいらっしゃるのなら、いじめを受けてますよ!」
「セキュリティーをするか、犬を飼ったら」
と言われて始めて娘が.......

と言うことが、きっかけです。


番犬として飼うことになった
(イエロー 牡)ドリアン オブ ラブ ウィッシュ(愛称 マック)が
我が家にやってきたのです。

家庭犬として訓練を始め、大会にも参加することになりました。
PD日本チャンピオン決定審査会では、未成犬で(Gr.1)2番、
成犬で(Gr.2)うれしいやら悔しいやら........
「今度こそ!」という気持ちにさせられたことを
つい昨日のことのように、覚えています。

このブログを作成中に愛犬マックが、14才の誕生日を迎えてまもなく、
体調が悪くなり2~3日で、他界してしまいました。

あれもしてやればよかった。
早く気付いて手当をしてやっておけばこんなことに、
ならなくてと家内と私は、
自分を責めて、涙が止まりませんでした。

朝食の食器が一つ残っては、泣き...........
14年間マックと過ごす時間が一番多く
毎日マックと出勤して、仕事の合間に遊び、
マックと一緒に帰宅して、
また、キャンプ、温泉旅行と、
マック中心の生活を過ごしていました。

マックが、こんなことを言っているようで、
「自分と同じように他の子供達
 (カレン、ミル、レオ、バル、ベン、カトラー)に接してあげてよ」と、
言っているようです。


今の犬達は、イギリスeng.jpgから来ると、
訓練所そして、大会と、その間に家に帰れるくらいでしたから、
他の子達(犬)を愛することで、
少しずつ落ち着いて、やっとブログを進行する運びとなりました。



始めからウェットですみません。